タグ:比較

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    bandicam 2018-09-16 17-49-46-032



    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1537063145/
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [AT] 2018/09/16(日) 10:59:05.78 ID:aBAdNxMt0● BE:887141976-PLT(16001)
    韓国サイトが「ロボット韓日戦、テコンVvsマジンガーZどっちが勝つ?」という企画を行った。
    どちらも40年近い歴史がありお互い強い人気を誇るロボットアニメであると説明。
    スペック比較になると、テコンVは高さ52メートル、ヘルメット、青い目、V字胸当て、一方マジンガーZは高さ18メートル、
    頭は王冠風(パイルダーオン可能な様に)、黄色の目、割れたV字胸当てと比較。
    この比較を見て、テコンVの方が30メートル以上大きいと絶賛、しかしマジンガーZのビジュアルである
    黄色い目や歯のように見えるマスクは邪悪な印象しかないとボロクソ。
    操縦方法もことなりテコンVはテコン動作を行うとロボットが同じ動作で動く。一方、マジンガーZはスティック操作でロボットを操作する。
    操縦士はマジンガーZの頭に乗っている。
    武器はテコンVはテコンドーで、マジンガーZはロボットパンチとなっている。テコンVは回し蹴りや空中戦など完全再現。
    マジンガーZはロボットパンチで厚さ2メートルの鉄板も突き破る。
    この2体のロボットを見てロボット業界ではテコンVが勝利する可能性が高いと見られている。その理由はテコンVの操作方法にあり、
    ジョンジェスン教授は「テコンVは主人公が考えた通りに操作可能で、マジンガーZよりも先に行動可能」と説明。
    マジンガーZが0.4~0.8以内に動くのに対して、テコンVは0.2秒で動作可能。
    韓国で勝手にテコンVの圧勝と結論付けられてしまった日韓ロボット対決。実際はどちらが有利なのだろうか?

    【韓国サイト「テコンVとマジンガーZをスペック比較して戦わせたらテコンVが圧勝!」 勝手に結論付ける 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    video-game-console-2202660_640


    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1533814241/
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)20:30:41 ID:PMk
    日本刀とかもそうだけど

    【なにかのすごさを証明するのに他製品と比べるってダサいよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526432888/
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/16(水)10:08:08 ID:Uvq
    botばっか
    グラフィックは荒野行動新マップ程度
    動きはカチカチすぎて照準があわない
    武器は拳銃多め
    no title

    【PUBGやってみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    no title

    http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1512729269/l50
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/08(金)19:34:29 ID:YW5
    言っとるやつはガイジなんか?

    【清原が育成失敗といわれてるのが意味分からんのやが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    basketball-1544370_640

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1509942802/
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/06(月)13:33:22 ID:yI9
    ワイが10年以上前からNBAファンでNBAに見慣れてるからか、こんなにも違うのかと愕然としたよ
    Jリーグとヨーロッパサッカーとか、NPBとMLBとかそんなレベルの差じゃない
    冗談抜きで競技が違うくらいレベルに差があった

    【バスケBリーグの試合見たんやけど、レベル低すぎて・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ