タグ:課金

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@涙目です。(pc?) [ニダ] 2017/10/27(金) 15:48:03.14 ID:sHMcPyh70 BE:829826275-PLT(12931) ポイント特典
    「アズールレーン」席巻 大躍進「中華ゲーム」のヒミツ

     「アズールレーン」という艦船擬人化スマホゲームが注目されている。ストーリーは史実を踏まえたファンタジー。第2次世界大戦の米英や日独をモデルにし
    ているような2つの勢力が、さまざまな国の軍艦を美少女に擬人化した「艦船少女」とともにぶつかり合う。

     9月14日のリリース以後、軍事好きやゲームファンを中心にTwitterで話題になり、ユーザー数が増加。急きょサーバを増設し、10月3日には登録ユーザーが100
    万人を突破した。App StoreやGoogle Playでセールスランキングトップ10に食い込むなど、売り上げも好調だ。

     実はこのゲーム、中国の動画プラットフォーム「ビリビリ動画」の子会社が開発したゲームの日本向けローカライズ版。日本国内サービスは中国Yostarが運営
    している。

    ●日本のゲーム市場で、中華圏発のゲームアプリが増えている

     こうした中華圏発のゲームアプリが、日本のゲーム市場で数多く展開されるようになっている。「ここ1~2年で一気に中華ゲームが日本に上陸してきました。
    その勢いはこれからさらに増していくと考えられます」――そう語るのは、日本のスマホゲーム開発会社で働き、中華圏発のアプリの動向に詳しいA氏だ。

     中華圏のゲーム市場規模は力強く成長している。中でもすさまじい伸びを見せているのが中国だ。2015年にはApp Store(iOS)のダウンロード数で米国を抜き
    、続く16年にはApp Storeの収益でも世界トップに。長く2位につけていた日本は3位に転落することとなった。ユーザー1人当たりの平均売上額(ARPU)は日本が
    首位を維持しているが、中国の成長率はこの2年間で約10倍と著しく、17年には日本に迫ると言われている。

     App Annieが発表した企業別の収益ランキングの1位に輝いたのは、中国のプラットフォーム企業Tencent(テンセント)。3位にも中国NetEase(ネットイース
    )が食い込んだ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000065-zdn_mkt-bus_all
    画像
    no title

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=s7oyt87keDo


    【【悲報】中国産スマホゲーム『アズールレーン』 月商10億円 艦これを超えるヒット  】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    social-1206614_640

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1506604364/
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/28(木)22:12:44 ID:x5S
    もっとゲームの本質的なところを宣伝した方がええんやないの

    【ソシャゲ広告「SSR確定!」「ガチャ10連無料!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505906796/
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水)20:26:36 ID:FCt
    人気すぎるやろ

    【FGOとかいう全人類がやってるゲームwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    cartoon-2153607_640

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505799813/
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/19(火)14:43:33 ID:aLq
    意味不明過ぎて草も生えん
    https://anond.hatelabo.jp/20170914224407


    人間的に嫌いな実況者が大好きなキャラクターを好きだったので大嫌いになった模様

    【アニメオタクが大好きなキャラクターを見たくもなくなるくらい嫌いになる理由wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ